大学病院の先生が紹介してくれたウィッグ・かつらでした

新潟のウィッグ・かつらは大学病院の先生が紹介する新潟駅前メディケア相談室のウィッグ・かつら

【質問】どこで、何がキッカケでレリエンスの商品をお知りになりましたか?
【回答】新潟大学病院へ円形脱毛症の治療に行ってる際にレリエンスのチラシを待合室で見つけ目にしました。

【質問】レリエンスを知ってからレリエンスで購入するかどうか、しばらく迷われたとしたら、それはどのようなことが不安でいらっしゃいましたか?
【回答】他社の折り込みチラシが沢山あったので迷いました。自分に合うかつらが本当に作れるのか。決め手は主治医の下村先生のメッセージがあったところです。

【質問】ほかにも似たようなかつら会社がある中で、なにが『決め手』となってレリエンスをお選びいただきましたか?
【回答】県内で作っていること。値下げをしたこと。しつこい売り込みは絶対にしないと書かれていたところ。上段にも書きましたが、下村先生が関わられた事です。

【質問】実際使ってみていかがでしょうか?率直な感想をお聞かせください。
【回答】最初はやはり装着に手こずりましたが今では早く装着出来るようになり、周りからは若返ったと言われ、自分も外出に気にせず出れるようになりました。

【レリエンスメディケアからのコメント】
以前は新潟県内でウィッグ・かつらを製作していましたが、製作者不足から現在は日本国内で作っておりません。今は日本の職人が指導および生産管理を行っている海外の工場で製作をしております。